子どものワキガも治療可能なの?

成長期の子どもには適さない治療方法

子どもの第二次性徴とワキガには密接な関係があると言われています。第二次性徴期の始まりというのは個人差があるものの、小学校3年生頃から始まることも最近では少なくないです。ワキガの症状が現れだすのもちょうど第二次性徴期の始まりと時期を同じくしており、その頃からワキガを発症するケースが多く見られます。自分の子どもがワキガかも知れない、もし、疑わしい場合には専門のスキンクリニックを受診することを強くおすすめします。なぜなら、ワキガの症状が悪化すると、体臭が強くなるため、周囲でも気づいてしまうような強い臭いを発するようになってしまいます。 ただ、成長期の子どものワキガというのは、適さない治療方法があります。それというのは、ワキガの発生元とされるアポクリン腺を手術にて除去する方法です。なぜ、この治療方法が子どものワキガに適していないかといえば、成長期にある子どもの体というのは日に日に変わっていっています。ワキガの元であるアポクリン腺も成長によって増えていくため、手術で除去をしたとしても再生し、増えてしまうことが考えられるからです。そのため、スキンクリニックでは、アポクリン腺を切除するワキガ手術は、子供の場合は控えるようにしています。

子供でも安心!新しいワキガの治療法

では、子どものワキガにはどのような治療方法が効果的なのでしょうか。すでに、成長期の子どもであっても安心して受けられる治療方法がいくつか確立されています。まず、レーザー治療によるワキガの治療方法があります。この方法では、レーザーを用いてアポクリン腺を破壊して治療します。アポクリン腺を切除する手術方法とは違い、レーザーを用いることによってアポクリン腺そのものを破壊してしまうため、嫌な臭いの発生源を根絶することができるのです。この治療方法は多汗症治療にも応用されていて、切らない治療法として評価されています。もちろん、成長期の子どもでも安心して治療を受けられます。

次に、新しいワキガの治療方法として注目を集めているのが、超音波を使ったワキガ治療の方法です。まず、超音波で汗腺を破壊し、その後、吸引器で汗腺を吸引します。最後に、残った汗腺をさらに高周波の超音波で分解するので、跡形もなく汗腺を取り除くことができる、画期的な治療方法なのです。この治療方法は小学校の低学年でも受けることができます。さらに、脇だけでなくデリケートゾーンの臭いの治療にも用いられているため、スソワキガにも効果がある治療方法です。